成果報酬SEO対策とロングテールSEO対策

検索エンジンの検索結果の上位に目標とする

SEOは、検索エンジン最適化のことで、検索エンジンの検索結果の上位に目標とするホームページを表示させるための対策のことを指します。一般的なSEO対策としては、検索エンジンが見つけやすいように、ホームページ内にキーワードを組み込むものですが、近年の検索エンジンは高性能化しており、単なるキーワード組み込みだけではなかなか成果の上がらないものとなっています。そのため専門業者も多くなってきており、これらを利用するのもSEO対策の手段となっています。 SEO対策の業者といっても料金体系や考え方が異なります。例えば料金体系では、かつては月額固定SEO対策が普通でしたが、現在は成果報酬SEO対策が盛んになっています。これは成果が出ない限り報酬を支払う必要がないというものです。またロングテールSEO対策は戦略の考え方で、検索回数に合わせたキーワードを用意することでアクセス率を高めようというものです。

絞り込めば絞り込むほど検索回数が少なくなります

SEO対策では、単に検索結果の上位に目標とするページを表示させることはそれほど難しくないため成果報酬SEO対策でも業者は自信を持ってサービスを提供しています。しかし、それがアクセス数向上、また商品の売上に直結するかは別の話です。 そこで登場するのがロングテール理論です。多くの人が検索するキーワードをビッグキーワードと呼ばれますが、よりキーワードを絞り込んでいく課程でミドルキーワード、スモールキーワードと区別されていきます。このため絞り込めば絞り込むほど検索回数が少なくなりますが、反対に検索結果も少なくなるため、上位に表示するとそれだけアクセス数が多くなります。またより目的に即した内容になるため、商品の売上にも貢献するようになります。

ページのトップへ戻る